戻る


ククたん7%観察日記

オンラインアンソロジー89内のPeoPleに生息していたククール7%の観察日記でした。
書いてる人:ククール7%の保護者
何か問題があった際の連絡先:nanari☆haruka.saiin.net(☆=@)
同じPeoPle日記サイトさんでしたらリンクご自由にどうぞ〜。
萌えてるだけの日記で申し訳ないのですがありがとうございます。

ククール7%じゃ呼びにくいのでここでは短縮してクク子と呼びます。
ククール7%の職業はお嬢様。ペットはプチアーノンのまるるです。
パヴァンOHさんとの間に子供が5人(パパス、ピピン、ホフマン、ピッコロ、ゼシカ)です。
7月20日に無事天寿を全う致しました。

※保護者視点日記です。
※問題ないかと思い履歴をそのまま転載にしました。問題ありましたらご連絡下さい。


実際の履歴記録


7月21日 さて、クク子の観察記録はこれにて終了 天国から旦那様や恋人だった方達を見守っていることでしょう。 弔問客の謎を解こうと朝から頑張ったわけですが(保護者お休みの日) 結局分かりませんでした。付き合い方複雑すぎるんだよクク子。 単純に恋人+恋愛で関わった方−先に亡くなられた方? でもこの計算であわなかったんだよ…。数え間違い? で、ネタをひとつ仕込んだわけですがそれはもう少し後で。 BBS等でのレスを何故かこちらに。 見ておられるかが分からないのですが…。 >チェロンさん 受同士故ゲーム上で関わることはありませんでしたが (というかマルチェロ属性と関わる事のなかったクク7%) 日記拝見させて貰っていました。 終盤の紹介文やりとりなど見る度に変わっていて チャット!?ここだけチャット空間?とすら思える程に…。 本当見ている方も楽しかったです。 >マルチェロ。さん ありがとうございます。 そういった事を考えているべきではない時間に考え (とにかく今日中に書いてアップ!が条件でしたから  ネットに触れてる時間だけじゃ間に合わないと自分勝手に正当化) 一人満足SSSとは言えマジ泣きまでしかけて頂いて嬉しいです。 >エイト17さん 日記見て頂きありがとうございます。 攻受違えど同じパヴァン王を伴侶に持たれた方…。 その日に再婚に笑いましたが旦那様が幸せなら妻は許してくれると思います。多分。 >サルベルト*さん 私も日記拝見させて貰っていました(告白返し) ああ、やっぱり伴侶が亡くなるとショックなんですね。 (うちはまだ旦那様が存命中なので。) もう少しこちらは続けてみる予定ですので お暇な時にチェックして頂けると嬉しいですv そして私も日記、皆様に書いて欲しいな〜と思う一人です。 入れ替わりで入って来られた方々にも期待(勝手に) 以前書かれてた方再登録での2回目(笑)にも! さて今後の書き足りないSSS置場は サイトじゃないけど。 現在は今までの分を分けて置いてあるだけです。 なんか適当選出で入ってないのもあるけど。 でも別にネタ自体はここで続けてもいいんじゃ?って気も…。 (ずっとここに書き続けたせいでここの方が書きやすい気もする) で、そのまとめをドリームライフにいれておけばいい。 観察日記は別URLで保管して、PeoPle妄想日記とかに名前変えて。 だって恐れ多くもブクマして下さってる方いるそうですし ブクマ移動面倒でしょう。 まぁ、もう少しその辺は整理してから考えます。
ククール7%・天寿全う致しました。
7月20日 2 ククール7%、本日天寿を全う致しました。 残念なことに最後の子は産めませんでしたが、楽しく幸せな人生でした。 今はちゃんと書く時間もないので取り急ぎご報告のみ。
7月20日 インリン・オブ・ジョイトイて!(人様の家の子)凄い名前候補あったんだなぁ…。 思わず身内(PeoPleやってない)に報告してしまった保護者です。 ああ寝て起きたらどうなってるんだろう…! もし初期の健康数値が関わるならもっと上にしておけばよかった。 (でもそうすると王様と結ばれたかが微妙なわけで) ククール7%データ(変更分) 年齢:38歳 G:2579G 子供の数:5   パパス(パヴァンOH)   ピピン(パヴァンOH)   ホフマン(パヴァンOH)   ピッコロ(パヴァンOH)   ゼシカ(パヴァンOH) 〜さあ、遊ばせて貰っているサイトのメインである89を書こう(キス有注意)〜 先の長くないククと元気いっぱい主設定(またあからさまなモデル元…) 「ククール、君が好きだよ」 暢気な告白に頭が痛む。 「悪いけどさ。俺はお前と違って先が長くないんだ」 「知ってる」 「だったら俺の言いたい事分かるよな?」 「分からない」 「お前なぁ…」 「何で産まれた時間の差で好きな人、諦めなくちゃいけないの?」 少し怒ったような、だけど幼さを含む口調とその内容に ククールは思わず言葉につまる。 「それともククールは俺の事嫌い?」 「嫌いって、んなワケねーだろ…」 ああ、嫌いって言っておけば良かったかもと思った所で既に遅い。 その答えだけで目の前の少年は悟ってしまう。 「じゃあ、好き?」 「だからさー…」 「今ここで俺を喜ばせるのが残酷だと思ってるみたいだけど」 エイトはその肩に手をかけ、精一杯の力でククールを自分の方へと引き寄せる。 二人の距離がぐっと縮まる。 逸らすことなく自分を見つめてくるエイトの前で迷い揺れる空色の瞳。 「本心伝えて貰えないまま先立たれる方がよっぽど残酷だよ」 ↑ここまで。 何か過去(そんな昔じゃない)に他で書いた主クク2つと部分的に被ってる気がする。 まぁいいか。書いた本人しか気付かないレベルだ。 そして「俺」エイトは初めて書いたかな。「俺」も楽しいかも。 余談。萌えてもさすがに同キャラだと書けないんですよね。88、99、00とか。 それがちょっと悔しい。
7月19日 ここまで来て妊娠しよったこの子…。 が、頑張れ!あと1年頑張れ! 気付けば旦那様もそういう時期に突入されていて (いやどう見てもクク子のがお迎え近いんですけど) 本当どうなってしまうのか。 きっとそれも見越してたくさんデート連れて行ってくれたんだ。 リブルアーチ、アスカンタ、王家の山、サザンビーク。 そして、できちゃったんだね。無事に産めるといいな。 本日は7名の方が天寿を全うされました。 絶対年齢から見て一気にそうなるだろうと思っていましたが これだけ一気だとやっぱりぐっと来るものがあります…。 同時期にスタートされた方々がいなくなっており (IDリスト見ると本当にクク子の周囲の方々がいなくなっている) よく残ったよなぁクク子。 そういや保護者はドッジボールで地味に逃げて最後あたりまで残る子でした。 その力をクク子が引き継いでいれば或いは…。 まぁ正直、ゼシカちゃん産まれて悔いはないし ここで終わっても話としては凄く綺麗だと思った。 でも妊娠したからにはあと1年生きたいです…。 産まれるのが馬でもふくろでもエドモンド本田でもいいから…(笑)
7月18日 4幸 産まれました!待望の女の子ゼシカちゃんです。 女の子欲しいなと夫婦互いに思っていたのを 神様が知って授けてくれたのかな? 本当、産まれてくれただけでも嬉しいけれど その上可愛い女の子だなんて…! しっかりした子に育ちそうだしお兄ちゃん達とも 仲良くできそうだしね。 どうしてクク子はこんなに初期は失恋ネタ人生、結婚後からは 壮大(笑)な感動系ストーリーを展開してくれたのか。 もっと平坦な人生だったら妄想話をたくさん書きたいなんて 思わなかっただろうに。 さて、もうすぐ37歳になります。…どうなる? 結果は明日の夜に確認になりそうです。
7月18日 3夜 子供はまだ産まれません。この子産めたらもう悔いはありません。 皆様の紹介文やりとりをログインの度に見つめるこの頃 クク子、健康6位設定なんですよねー…。どうなんだろ。 そしてお若い方々がどんどん来られるのですよね。 …日記書くの楽しいよ!(何の勧誘だ) なんかここのは日記というか妄想と萌えの固まりって感じですが。 なんだかしんみりしすぎるのもアレなんで コミカル書いてみた。日記にいれるには長すぎるよコレ。 〜主×兄弟の夜の事情パート2〜 「兄貴にエイト、こんばんはー…って、アレ?」 いつものようにルーラで不法侵入した先は夫妻の寝室 いつもはこの大きな天蓋付ベッドで夫妻仲良く横になっている。 だが、今日そこにいたのはマルチェロ一人。 「エイトは?」 「今日は仕事だ」 「ふーん…」 「だからさっさと帰れ…って、何をしている?」 不法侵入者はマルチェロが横になっている寝台の上へと上ってきた。 「旦那がいなくて疼く兄貴の身体を慰めてあげたいなと…」 「帰れ」 M字額にうっすらと浮かぶマジ切れ5秒前の証 引きどころは心得ているククールは即座に否定する。 「冗談だって。んな事したらあとでエイトに  三日三晩は足腰立たない程お仕置きされちゃうからなー。  多分意味なく兄貴も巻き込まれそうだし」 「それはその通りだな」 珍しく意見のあった二人だ。 「いつまでこんな茶番劇を続ける?」 寝台の淵に腰掛けて、所在無く足をぶらぶらと揺らすククールに 声をかける。 「だって俺二人とも好きだしさ。前にも言ったけど  兄貴達の仲を裂こうなんて思ってないよ…それでも駄目?」 駄目と言っても聞きはしないのはよく分かっていた。 「お前は常識というものを持ち合わせていないのか」 「常識より俺は好きなものは好きだからしょうがない!って  その気持ちを大切にしたいんだ」 「お前は…」 「何?」 それは小さな声であったがククールは聞き逃さなかった。 「本当に救いようのない馬鹿だと、今更だが確信しただけだ」 「……」 シーツが動く音。 「入って来い」 少し不機嫌そうだが、拒絶するものではない言葉の内容に ククールの足の動きが止まる。 「…いいの?」 「誤解はするな。ただ、そんな所に座られていては私が眠れん」 「…ありがと、兄貴」 ククールは上着を脱ぎ、シャツだけになって寝台へと入り込んできた。 「その格好で寝るつもりか?」 「寝間着ないんだよ。どうせ全部脱がされる予定だったし?」 「全くお前という奴は…好きにしろ」 「ねーねー、何してるの?」 「何だ…って、エイト殿!?」 反射的に身を起こそうとしたがそれは叶わず。 目の前には仕事で帰ってこない筈の旦那様の姿があった。 何故身を起こせないのか。答えは簡単。 彼の身体の上にシーツ越しでエイトが乗っかっているからだ。 「何で隣でククールが裸で寝てるの?」 「それはこの馬鹿が勝手に来たので仕方なく…って裸ぁ!?」 何とか視線をそちらに動かすと、確かにそこには上半身裸の弟が眠っていた。 「おい起きろ貴様!何故服を脱いでいる!?」 その時間帯を気にしない大声にククールの瞳がゆっくりと開く。 「う〜〜…まだ眠い…ありぇ?エイトと兄貴が合体してる…」 「で、さっきまで二人で合体してたわけだ」 「うん…?」 まだ覚醒していないらしいククールは肯定も否定もしない。 「誤解だ! こら貴様寝ぼけてないできちんと説明をしろ!」 「うん…やっぱ服皺になると嫌だなーって思ったから脱いだ」 ようやく最初のマルチェロの質問に答える始末。 「そっか。服脱いでからやったんだ」 「うん?」 「起きんかククール!!」 エイトはマルチェロの上から退き、今度はククールの上へと移動して ぺちぺちとその頬を軽く叩く。 「エイト…?」 「おはよククール。お兄さんを襲う時は僕の許可取ってって言ったよね?」 「へ?何?何なんだこの状況…」 ようやく意識が覚醒したらしいククールの顔から血の気がひいていく。 「お仕事早く終わった事だし、僕も混ぜてもらおうかな」 「ちょっ、待てエイト何の話っ…!!」 やはり巻き込まれる事になりそうなマルチェロは大きくため息をつく。 何やら大変な事になっている向こうに目をやれば 無邪気な笑顔でおいでと手招きする夫の姿。 どうやら今夜も眠れそうにはないようだ。 ↑ここまで 主×兄弟楽しいなぁ。この観察日記で初挑戦だったんですけど。 パヴァククもそうですし、新しい世界をどんどん開拓されるPeoPle万歳
7月18日 2起床 昨日4回目の日記ではクク子が妊娠組で一番年上だったんですよ。 その後、75さんの妊娠を見て力づけられたものですが (そして同年齢の方で妊娠中逝去の不安を持っている方が  おられないように見えたのでもしや妊娠中は大丈夫?  とかも思ったんのですが…) こういう事もありえるんですね…。呆然としてしまいました。 上の世界で主ククを見守って萌えて頂きたいです。 (…主ククに萌える兄か…) ちなみにクク子が朝起きたらサヨナラしていた時の為 フォローシナリオも考えていました。 「お兄ちゃん達とお話できないのは寂しいけど  ママを独り占めできて嬉しいな」 天国で産まれた娘(勝手に女の子にする)を膝の上に乗せるクク子 「パパは女の子欲しがってたから、ネネ(仮)を見たら  喜ぶと思うよ。それまでは俺がずっと傍にいるから」 母譲りの綺麗な銀髪を風になびかせながら ネネ(仮)は嬉しそうに横にあった絵本を取り上げる。 「ね、ママ、この御本読んで!」 ショック緩和の妄想は万全に。娘の成長どんな速さだよとは突っ込まずに。 奥様が兄貴の場合は >母譲りの綺麗な銀髪を風になびかせながら を >母譲りの綺麗なM字を日の下で輝かせながら に変えればいいと思う! 何か一気にコミカル?おかしいなぁ…。
7月18日 さて寝て起きたらどうなっているのか(現在深夜2時) もうすぐこの日記も更新できなくなるかと思えば 自然と書く回数も増えてしまいます。(元々書きすぎなのに) その裏で主×兄弟も書く、と。 〜5人目までの道のりパヴァクク〜 再婚して、4人目が出来ただけでも本当に満足していた。 その後はまた俺の不安定っぷりが原因で喧嘩を重ねたけれど。 「別れなければもっとデートもできたし子供だってもっと…女の子も欲しかったし」 それができなかったのは自分のせいだ。 一人で先走って10年以上逃げ出した自分のせい。 それなのにどうして俺はこうして彼にあたってしまうのか…。 「ずっと別れる事なく付き合い続けているご夫婦を見ると  そう思ってしまうのも仕方ないですよね。ですが」 彼の口調はいつも通りのもの。 どんなに興奮していても、すうっと心の奥まで浸透していく穏やかな声 大好きな声 「離れた時間で学べたものも多くあったと思いますよ。あなたも、私も」 同じくらい大好きなその手がククールの身体を包み込む。 「傍から見れば遠回りでも、そこに無駄な時間なんてなかった  私はそう思っています」 「王様っ…」 そうして今、新たな命がこの身体に宿っている。 不思議と子供が出来ると俺の心は波立つことがなくなる。 正確には落ち着いて王様を見る事が出来るようになれば 子供が出来るのかもしれない。 だから…なのかも。 まさかこんな時期になって授かるとは思わなかった。 きっと二人の最後の子。 贅沢を言えば女の子が欲しいな…なんて思うけれど 元気で産まれてくれればそれでいい。 愛しい我が子。今度はどんな名前を授かるのかな? ↑ここまで。 なるだけ王様は(中の人のイメージもあるだろうし)喋らせないようにとは思ってたんですが 今回は喋らせるしかなかったのですみませんと…。 確かに女の子欲しいなぁ。頑張れクク子(とか言ってまた人じゃなかったら…!) とりあえず保護者が朝起きた後、ネット繋いだその時に生きていて下さい。 ククール7%データ(変更分) 年齢:36歳
7月17日 4 旦那様と二回連続で愛を深めることに成功。よかったああ…。 同じように片方或いは双方が寿命間近の夫婦の 互いを思いやるやりとりに目元をおさえる。 そういえば今はお空からPeoPleを見つめているあの方が仰っていました。 終わるからこそ、儚いからこそ、命は美しく輝くと。 とかしんみり書きながらログインしたら子供できてた…! 4回連続で愛深めてたよこの夫妻! 35歳(お迎えも充分アリ年齢)の妊娠。無事産めるの!? 同年齢で同じく妊娠されてる方もいるけれど (というか住人ニュースが妊娠ラッシュで笑った) その中でも一番危うい(年とってる)よねクク子…。 神様、もう少しだけ時間をください。 この身に宿った新しい命を誕生させる時間をください。 これだけ書いて叶わなかったらせつなすぎる。
7月17日 3番 ちゃっかりミルク貰ってから振るのかクク子…。 (この年の差で一瞬でもくっつけば面白いな〜と思ったのは内緒) や、でもこれで良かったんですきっと。 PeoPle人生はじまったばかりのようですのでどうかお幸せに! 天寿全うって初めて見るんですよ。やっぱり少し動揺。 マゲ子さんには呪われかけた過去がありますし(笑) 猫耳さんとは関わることはありませんでしたが PeoPle先輩(笑)として拝見していました。 ご冥福をお祈りします…。 このあたりの年齢は被っているから次々と、なんでしょうね。 とりあえず寿命全う後用Verの観察日記引継ぎサイトを作っています。 素材屋さんの素材も使ってみた。わー可愛いv そうやって来る運命の日の寂しさを紛らわせてみた。 デートはしているけど愛、深まらないなぁ…。 ククール7%データ(変化分のみ) G:2499G
7月17日 2章 ※エイトさんが気があるようです おや?こんな残り人生短い子に惚れても何も… …というかこのエイトさんはついさっき住人一覧確認時に見たような… やっぱり0歳の方ぁぁ!!可哀想に。いきなり道違えちゃってる…。 老人萌えですか。しかし35歳差では本当に未来ありませんよ。 でも表記と年齢差見た瞬間に脳内で 「寿命間近で告白してきた主を(寿命気にして)避けるククと、  残りの人生を僕(俺)に下さいな主クク」が出来た。 クク7%に関わると保護者の妄想元にされますごめんなさい。
7月17日 出産後は喧嘩ばっかり…。まずいまずいよこれは。ぱふぱふ屋行こうよ。 伝家の宝刀妊娠でも発動しないことには離婚の危機的雰囲気 ところで恋人がいなくなると凄くせつない表示だったんですね。 「そのIDの住人は死亡したか存在しません」 あああ…。 あ、でもニュースは死亡しました、じゃなくて天寿を全うしました、なんだ。 そして夫、妻表記は残るってことは新しい夫や妻も作れないって事でしょうか。 35歳。クク子もいつお迎えが来てもおかしくない年となりました。 〜そんな中、ちょっとせつな系にしてみたパヴァクク〜 また喧嘩。何でこうなってしまうのか。 手元の住人ニュースに今日は初めて見る表記があった。 ―○○さんが天寿を全うしました― 自分とその人達との年齢差は殆どない。 残された時間が多くはないと分かっている。 もっとデートして愛を深めたいのに… あの時と一緒。恐いんだ。 幸せの先にある別れが恐くて 自らの手でそれを早めようとしてしまっている。 知らず斬り付けられた痛みよりも、自ら選んだ痛みの方が きっとショックは少ないから。 ……本当に? ↑ここまで で、心境の行く先は天寿全う時の状況で決める(笑) 2パターン考えてあるから無問題〜。 でもできれば添い遂げたいですよそりゃあ…。
7月16日 2 ククール7%さんとパヴァンOHさんの赤ちゃんが生まれました 神様がピッコロと名付けました いきなりドラゴンボール! うろ覚えなんですがピッコロって神様でしたっけ。 (アニメの記憶より) 外見が人っぽくないけど兄弟仲良くね。 その外見でいじめられたら守ってやってくださいお兄ちゃん達 そしてもうすぐ毎日がドキドキの日々に突入です。 34歳。次で寿命候補の35歳突入。 いつ終わるかが分かりませんが (子供も産まれキリがいいあたりが恐ろしい) 最期まで充実した人生のククール7%であって欲しい。 そう願う保護者でした。 旦那様との年齢差が2歳なんですよね。 てっきりクク子が先にサヨナラだと思っていたのですが (なのでクク子がいなくなったら新しい誰かと幸せになって。  とかコメントしようかと思っていたんですが) クク子が長生きすると微妙ですな。 現時点で気になっているが確かめる術がないこと ・夫婦どちらかが亡くなった場合、子供はどうなるのか ・妊娠中の寿命終了はあるのか 現在のククール7%データ 年齢:34歳 G:2810G 職業:カリスマお嬢様 フラれた回数:12 今までつきあった数:6 恋人の数:1   パヴァンOHさん [夫] 子供の数:4   パパス(パヴァンOH)   ピピン(パヴァンOH)   ホフマン(パヴァンOH)   ピッコロ(パヴァンOH)
7月16日  ぱふぱふ屋で第4子を授かりました。ぱふぱふ屋て…! 次は男の子かな?女の子かな? 某エイトさん一家の喧嘩別れに驚いていました。 呪い凄い…!長年連れ添い子沢山の夫婦すら破局させるのか! クク子は一時こんな方と争うことになろうとしていたのか(笑) (媚薬効果でたまに*ククールさんに気があるようですとか表示されるのは内緒  王様と復縁してからはありませんし) やっぱり妊娠したら愛人さんとは別れる確立高いみたいです。 お互い家庭ある身なのでこれでいいのかもしれません。 明日にはどうなるか分からないPeoPleですが。 パヴァククもそうなんですけど、SSSとして書きたいのたくさんあるから 寿命後も何食わぬ顔で観察日記は続けることにしました。 (皆、寿命来たら普通観察記録は終わるだろうって感じですが) 昔っから1度作るとなかなか終了させられないんです保護者 ”観察”じゃさすがにおかしいから別名にすり替えはしますけど…。
7月15日 本当に復縁しました。33歳の奇跡 履歴辿ればぱふぱふ屋でばっかり愛深めてるし! …いや、見るのはそこではなくて 6月23日 付き合いはじめる。同日に結婚 7月02日 離婚(ククが姿をくらます) 7月14日 再び付き合いはじめる。 7月15日 結婚 13日=13年の年月を経て再婚か。なんだか萌える。
7月14日 (2) [2005/07/14] パヴァンOHさんに告白され恋人になりました ふ…復縁した―――!!(いや結婚までしてないけど) 一度は愛されていないと不安になったクク子が勝手に身をひいたのですが、 再び付き合い始める事になりました。 まだ愛も深めてない以上、即サヨナラもありえて恐いのですが。 最期を前に何も言わず別れる事を選んだ彼と もう1度話し合う事ができたと解釈。 よかったねクク子…。本当よかった。 何か書こう。終了までに間に合うかな。 そしてゼシたんさんとの喧嘩回数が洒落にならなくなってきました。 最初は順調だったのに。何がいけなかったのか…。
7月14日 保護者は初PeoPleだったので知らなかったのですが寿命あったのですね。 クク子ことククール7%は結構初期登録(18番目)なので現在32歳。 寿命はあと3日〜1週間前後になります。 残り短い人生ですがクク子の行く末を見守りたいと思います。 もう一波乱あってくれてもいいんですけど…。
6.28〜の観察日記 6.13〜6.27の観察日記