うらのおと ご訪問御礼

おとなのための男同士の恋愛小咄
18 歳未満の方はお戻りください






うちのいちばん人気さんたちのやまなしおちなしいみなし


―Side A おとなのサービス―

瀬那「いつもご訪問いただきありがとうございます。数々の恋文、ありがたく受けとっております。今後ともどうぞご贔屓に」

里哉「……ご訪問ありがとうございます……」

瀬那「どした、里哉? えっらいびくびくしちゃって、まー」

里哉「……いや、別に……ていうか、坂崎、その目の前のモニターなんやけど……」

瀬那「これがなに?」

里哉「……どういうあれなの、それって……」

瀬那「どういうって。見てわからへん? シバと遠山くんの裸エプロン」

里哉「……いや、それはわかんねんけど…… それ、プロデュースしたん、坂崎ってほんま……?」

瀬那「エプロンはシバの自前やで?」

里哉「……ウサギ耳は……?」

瀬那「あー。里哉もつけてみたいか?」

里哉「あほか。つけてみたくなんかないです」

瀬那「里哉はあれやな、耳よか尻尾のほうがええんやろ」

里哉「……坂崎、いちおうあのな、ここは公衆の面前で……」

瀬那「こういうやつ。好きやろ? な」

里哉「……そ、それ……」

瀬那「一回やってみる? 公開プレイ」

里哉「や、やめよう、坂崎。落ち着いてくれ。って、脱がすなー!」

瀬那「あー。待ちわびてたわけね? 嬉しそうになってるやん」

里哉「待ってへん! 喜んでへん! た、たんま。ちょっ! 瀬那ー!」

瀬那「喜んでる喜んでる」

里哉「あ……く……やめ……瀬那……」

瀬那「ほんま正直なカラダやなー」

里哉「や、あかん、それ、ほんまに、瀬那……」

瀬那「見られてるって思うだけで、イキそう?」

里哉「ん……は……」

瀬那「気持ちイイって言いな、里哉」

里哉「あ……イヤ……は……」

瀬那「わっかりやすいなー、あんたは」

里哉「……くそっ、なんでおれだっけやねん……! あんたも……は……」

瀬那「どうされたい?」

里哉「……こ、小柴くんらのは、もっとかわいかったやんけ! なんで、おれだけ、こんな……」

瀬那「里哉ちゃんもカワイイですぜ? つか、もっとかわいくなりたいか?」

里哉「か、カワイイの意味が違うー!」

瀬那「ほら、舐めて」

里哉「……う……ん……」

瀬那「素直ですね」

里哉「あ、だめ、それ、瀬那。あー!」

瀬那「だめとちゃうやろ? 嬉しそうやん」

里哉「……ん……ん……」

瀬那「里哉、かわいい」

里哉「……そ、そっちはあかん……あ……!」

瀬那「ちょっと痛いぐらいがええ?」

里哉「イヤ、やめて、瀬那、あ……!」

瀬那「イヤとか、ぜんぜん信憑性ありません。すっげ嬉しそうに涙流してんのはだーれだ?」

里哉「瀬那……あ……もっと……」

瀬那「お、ちょっと素直になってきたな。やっぱあれ? あんた、見られてると思たら感じる?」

里哉「……ん……瀬那ぁ……」

瀬那「ここ、自分でできる? 見せてあげて、みんなに」

里哉「……は……イヤ……」

瀬那「嘘つきな口やなぁ。イヤイヤ言うてたら、やめてまうで?」

里哉「……ヤ……もっと……」

瀬那「どっち?」

里哉「もっと……して……瀬那……」

瀬那「なにを?」

里哉「イジめて、瀬那……おれ、もっと……気持ちよくさせて……」

瀬那「イイ子。どうされたい?」

里哉「あ……あ……もっと、おれ……あ、見て……」

瀬那「見られたい? あんた、狂ってるとこ、見られて嬉しい?」

里哉「う、嬉し……あ……もっと、見て……」

瀬那「いまあんた、すっごいエロイ顔しとるよ? わかる?」

里哉「は……瀬那……」

瀬那「尻尾いじられて、自分でこんなとこ弄って、こっちはよだれたらしまくってすっごいことになってるで? 気持ちエエ?」

里哉「あ……もっと、もっと……瀬那……」

瀬那「気持ちイイって言いな」

里哉「気持ちい……あ……おれ、おかし。おかしい、瀬那」

瀬那「おかしないよ。あんた、いますっごいキレイ。わかる?」

里哉「瀬那……瀬那……」

瀬那「ここだけでももうイけるようになったやろ? イって見せて? おれに見せて? みんなに見てもろて?」

里哉「あ……おれ、もう……あかん……」

瀬那「里哉、好きって言うて?」

里哉「好き……好き……瀬那ぁ……」

瀬那「ん。大好き、里哉」

里哉「瀬那、おれ、おれ、あ……あぁ……あ……!」

    ――暗転――



―Side B 見つかりました―

里哉「……瀬那……なに、これ……」

瀬那「え? なにて。台本やけど?」

里哉「……なんの台本……?」

瀬那「おれらのご訪問御礼。シバのあれがちょっと面白かったから、ついでにつくってみた」

里哉「……ふざけてんのか……? なんでおれがこんな変態やねん……」

瀬那「ええやん。いっつもとたいして変われへんやろ?」

里哉「変わるっ! ぜんぜんちゃうっ! おれは別に見られたいとかそんなん思てへんっ!」

瀬那「思てへん? ぜんぜん? 嘘ばっかり」

里哉「それはその……いっつもはあんただけやから……あー、せやから! 他人に見られんのとあんただけに見られんのとはちゃうやろ!」

瀬那「あ。おっまえ、デリートすんなや。人のせっかくの労作を」

里哉「とにかくやりなおせ! 徹底的にやりなおせ! エロなし、変態なし、羞恥プレイなしでやりなおせっ!」

瀬那「えー?」

里哉「不満そうな顔すんなっ!」

瀬那「ほな、こっちでサービスすることにする?」

里哉「……なに、この画像ファイルの山……」

瀬那「里哉のイキ顔コレクション」

里哉「……おまえ……妙にハードディスクがいっぱいになっとると思とったら……」

瀬那「これとかどうよ」

里哉「……わかった。おまえのカメラは全部没収。PC も取り上げ。10年前に買うたまま寝てるモバイルがあるから、もうそれしか使わさへん」

瀬那「……えーと、それって、里哉、ハードディスク 1G のやつ……?」

里哉「小柴くんのこのエプロン画像も没収」

瀬那「ひえ! やめて、里哉、それだけは勘弁して〜!」

里哉「おっまえ! いちばん大事なんはこれなんかよ! ふっざけんなっ! あんたは今日からリビングで寝ろ! おれがええて言うまでベッドのなか入ってくんな!」

瀬那「あ、あー。誤解です。これはたまたま。こんなレア画像なかなか手に入らへんやん……って、さーとや? 里哉ちゃんー。許してよー」

里哉「も、触んな! あかん、触んな言うてるやろ!」

瀬那「里哉ー。機嫌なおしてくれよー」

里哉「あ、そこ、やっ……」

瀬那「さーとや? な。気持ちいーことしたるから」

里哉「ええかげんにせー言うとるやろが、ぼけー!」

瀬那「たーっ! って……里哉……最近、手ぇ早すぎ……」

里哉「カラダで籠絡しようとすっからやろ! 謝んのかヤんのか、どっちかはっきりしてくれ!」

瀬那「あ、じゃ、ヤる?」

里哉「……瀬那……せやからそういうことやのうて……」

瀬那「最近、里哉はカラダが正直でカワイイ」

里哉「ま、待て、待て待て待て、瀬那、ちょっと待てっ!」

瀬那「あ。里哉、辻本ごっことかどうよ」

里哉「……なにそれ……」

瀬那「キスしてくれたら全部許したるて、言うてみて、里哉?」

里哉「……瀬那……ほんまその悪趣味、ええかげんにしろっ!」

瀬那「……あー……なんだか突然、額が割れそうに痛いんですが、里哉センセー…… 今度のはグーでしたね……?」

里哉「ええかげんにせんと、おれはもう泣く!」

瀬那「そのまえにちょっとおれのほうがもう泣きそうなんですけど……」

里哉「勝手に泣いとけ」

瀬那「里哉ー。冷たいー」

里哉「自業自得やんけ」

瀬那「里哉ー。許してよー。里哉ー……」

    ――暗転――


入り口へ